スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テープで指紋変え入国、韓国人の女2人逮捕(読売新聞)

 神奈川県警は25日、いずれも韓国籍の女性で住所不定、無職の牟英兒(モヨンア)(31)、裴恵貞(ペヘジョン)(32)の両容疑者を入管難民法違反(不法入国・不法在留)容疑で逮捕した。

 2人は過去に強制退去になっていたが、特殊なテープを張り付けて指紋を変え、空港の生体認証(バイオ)による審査をくぐり抜けて再入国していたという。

 指紋をスキャナーで読み取り、本人確認を行うバイオ審査は、2007年11月に導入されたが、翌年、同様の手口ですり抜けられたケースが発覚。法務省は09年から入国審査官が本人の指紋を目視するなど対策を強化しており、さらに警戒を強める。

 発表によると、2人はそれぞれ08年5月と10月、他人名義のパスポートで、韓国から羽田空港に不法に入国し、日本に滞在した疑い。

 同省が、くぐり抜け対策を強化する以前に読み込んでいた指紋を調べた結果、2人の不審な指紋を発見。同省で行方を追っていたところ、昨年12月末、「仕事がなく、帰国したい」と2人が東京入管の横浜支局に出頭したという。

 2人は08年1月、同県内の飲食店で働きながら不法残留していたところを摘発され、強制退去処分を受けていた。処分後、5年間は再入国できないが、2人は日本で働くために再入国したといい、「指紋テープで入国したが捨てた」などと供述している。

 同県警によると、偽造した指紋と旅券による不法入国の相場は百数十万円という。同省は今年度中に、指先の異物も感知できるスキャナーに更新するなど、さらに対策を強化する方針だ。

【中医協】医療技術72件の新規保険適用を了承(医療介護CBニュース)
<覚せい剤使用>千葉県警佐倉署の警部補を起訴 東京地検(毎日新聞)
宗教法人代表、準強姦容疑で逮捕=女性信者に乱暴-茨城県警(時事通信)
普天間「民意は重い」=次期名護市長と会談-小沢氏(時事通信)
<発達障害者>「推進会議」に参加を…支援団体が要請(毎日新聞)
スポンサーサイト

龍馬ベアと記念撮影=鹿児島〔地域〕(時事通信)

 鹿児島県は、NHK大河ドラマ「龍馬伝」の放映に合わせ、鹿児島空港ビルディング1階の総合案内所付近で、「龍馬新婚旅行の地・霧島」と題したウエルカムボードを設置している。設置は11月30日まで。
 美しい高千穂の峰の写真パネルで、龍馬と妻お龍が訪れた日本初の新婚旅行の地・霧島をアピール。ボードの前には、坂本龍馬とお龍の着物を着たテディベア2体を設置している。ベアの衣装は、県の特産品大島紬(つむぎ)で制作。パネルをバックに写真撮影ができる。
 また、同県の魅力を紹介する観光パネルも合わせて設置。「第28回全国都市緑化かごしまフェア」「篤姫のひなまつり」に関するパネルを展示し、広く同県の観光の魅力についてPRする。 

「釈放要求発議も」民主議員、捜査批判の動き(読売新聞)
新聞検閲 占領下の実態「証言」呼びかけ…早大メディア研(毎日新聞)
石川容疑者 小沢氏に収支説明 16年報告書の提出前(産経新聞)
7億円詐取容疑で近ツー元社員を逮捕 大阪地検(産経新聞)
<新型インフル>名古屋大、三重大は追試せず(毎日新聞)

水俣病未認定訴訟で和解勧告=原告と国、主張に隔たり-今後の協議難航も・熊本地裁(時事通信)

 水俣病未認定患者でつくる「水俣病不知火患者会」(熊本県水俣市)の約2000人が国や県、原因企業チッソを相手に損害賠償を求めた集団訴訟の口頭弁論が22日、熊本地裁で開かれた。高橋亮介裁判長は和解を勧告し、「裁判所も和解に向けた調整に努めるが、当事者双方にも最大限の努力と協力を求める」と述べた。同日午後から和解に向けた本格的な協議が始まる。
 水俣病訴訟で、国が和解勧告に応じるのは初。救済対象の認定方法や補償内容について、双方の主張には隔たりがあり、今後の和解協議は難航が予想される。
 国の水俣病認定基準より緩やかな枠組みを示した水俣病関西訴訟の最高裁判決(2004年)の後、同患者会は05年10月、国が基準の見直しをしなかったことから提訴した。
 昨年7月には、救済対象者を拡大し、一時金支給などを盛り込んだ「水俣病救済特別措置法」が成立。原告側はチッソが分社化され、責任が不明確になるなどとして反対。しかし、環境省が和解に応じる姿勢を示したことから、原告と国が訴訟外で協議を続けてきた。
 原告側は、裁判所が救済対象者を認定するような仕組みを求めているが、国側は特措法を軸に「第三者委員会」で判定する考えを示している。一時金の支給額でも双方には開きがある。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「水俣病特別措置法」
水俣病未認定訴訟、和解勧告へ=原告と国、主張隔たり
水俣病未認定訴訟、和解勧告へ=原告、被告双方が上申書
水俣病、来年5月に救済開始を=環境副大臣
追加提訴で原告2000人超える=水俣病集団訴訟

現時点で職責に全力=民主・小沢氏(時事通信)
「財宝発掘」ファンド業者に処分勧告=出資金ずさん管理-監視委(時事通信)
診療時間内で対価得られる診療報酬を-日医・中川常任理事(医療介護CBニュース)
成人式壇上で奇声、扇子で市長コツン?…2人逮捕(読売新聞)
NHK、視聴者への不適切対応で担当者契約解除(読売新聞)

<訃報>藤本久徳さん77歳=舞台美術家(毎日新聞)

 藤本久徳さん77歳(ふじもと・ひさのり=舞台美術家)17日、肺炎のため死去。葬儀は近親者で済ませた。劇団葬は2月8日午後5時、東京都港区海岸1の10の53の劇団四季「自由劇場」。

 1953年、浅利慶太さんらとともに劇団四季の創立に参加。ジャン・ジロドゥ「間奏曲」やピーター・シェーファー「エクウス(馬)」など、四季の数多くの舞台で美術を担当した。

自民・大島氏、首相と小沢氏の説明要求=「自浄能力問われる」-代表質問始まる(時事通信)
屋外でヌード撮影容疑、篠山紀信氏書類送検へ(読売新聞)
今年のセンター試験、科目間の得点調整なし(読売新聞)
またボンバル機が引き返し 警告灯の表示に不具合(産経新聞)
社会医療法人、79法人に(医療介護CBニュース)

<脳死臓器移植>国内86例目終了(毎日新聞)

 国内86例目の脳死臓器移植手術は24日、6病院で終了した。提供者は大阪府立急性期・総合医療センターに入院していた40代男性。心臓は大阪大病院で10代男性▽肺は福岡大病院で20代男性▽肝臓は東京大病院で30代女性▽片方の腎臓はNTT西日本大阪病院で50代女性▽もう片方の腎臓と膵臓(すいぞう)は東京女子医大病院で30代男性▽小腸は京都大病院で10代男性に移植された。

<通常国会>野党、日程協議に応じず(毎日新聞)
官房長官、検察リーク「あるような気が…」(産経新聞)
店員は柔道経験者…客も連携、コンビニ強盗を逮捕(産経新聞)
<東名阪死亡事故>過労運転させた疑い 運行責任者ら送検(毎日新聞)
<自民党大会>ノムさん敗因分析「負けに不思議の負けなし」(毎日新聞)

稲嶺、島袋氏が一騎打ち=普天間移設の受け入れ争点-名護市長選(時事通信)

 沖縄県名護市長選が17日告示され、新人で前市教育長の稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新、沖縄社会大衆推薦=と、再選を目指す現職の島袋吉和氏(63)=公明支持=の無所属2人が届け出た。他に立候補はなく、両氏による一騎打ちが確定した。投開票は24日。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)を名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行計画受け入れの是非が争点で、市長選の結果は、政府・与党が進める移設先の見直し論議に影響しそうだ。
 市長選は島袋氏の任期満了に伴うもの。稲嶺氏は普天間の県外移設を主張。一方、島袋氏は滑走路を沖合に移動させることを条件に、辺野古への移設を容認し、自民党からも事実上支援を受けている。
 稲嶺、島袋両氏は17日、それぞれ市内の選挙事務所前で出陣式を行い、7日間の論戦をスタートさせた。稲嶺氏は「もう辺野古の海に基地は造らせない」と強調。島袋氏は「鳩山由紀夫首相はふらふらしている」と普天間移設の結論を先送りした首相の対応を批判し、「(市としては)沖縄県と十分相談しながら対処していきたい」と訴えた。 

【関連ニュース】
名護市長選をめぐる動き
日米同盟、冷戦経て強化=「ひずみ」も
日米安保クロニクル
同盟深化、見えない具体像=影落とす普天間
米、漂う同盟にもどかしさ=外交の基軸も依然不信

鳩山政権の政治主導は「疑問」 古川元官房副長官(産経新聞)
<毎日映画コンクール>09年日本映画大賞に「沈まぬ太陽」(毎日新聞)
<掘り出しニュース>五輪フィギュア上位、サッカーW杯も活躍 岐阜の神社で粥占い(毎日新聞)
抑止力維持、「核なき世界」へ協力=安保改定50年で共同文書-日米(時事通信)
<政教分離>「神社に市有地提供」20日に最高裁大法廷判決(毎日新聞)

<補助金不正流用>全精社協会長ら起訴内容認める 大阪地裁(毎日新聞)

 全国精神障害者社会復帰施設協会(全精社協)の補助金不正流用事件で、補助金適正化法違反罪に問われた会長、高野修次(56)と元副会長、上野一郎(50)両被告の初公判が21日、大阪地裁(並河浩二裁判官)であった。両被告は起訴内容を認め、高野被告は「厚生労働省が(流用を)了解していたと聞いていた」と主張した。

 検察側は冒頭陳述で、全精社協が07年2月、障害者支援施設「ハートピアきつれ川」(栃木県さくら市)の運営を厚労省の依頼で受託した経緯を詳述。「高野被告らが07年3月、財政悪化を厚労省職員に訴えたところ、補助金申請を助言され、運転資金に流用する目的で申請した」と指摘した。

 起訴状によると、両被告は元事務局次長、五月女(そうとめ)定雄被告(58)=業務上横領罪で起訴=らと共謀。08年2月と11月、虚偽内容を記載した高野被告名義の補助金交付申請書を厚労省に提出し、障害者自立支援の調査研究が目的の07、08両年度の補助金計約5100万円を不正受給したとされる。【日野行介】

【関連ニュース】
告訴:ノリタケが子会社元従業員を 約4億円横領容疑で
落とし物:「魔が差した」交番巡査19万円横領容疑
横領容疑:客の327万円着服 JA元職員逮捕 和歌山
業務上横領容疑:名古屋保育園連元事務員を逮捕 愛知県警
横領:鉄リサイクル年金基金の元課長が1000万円

<湯かけ祭り>八ッ場ダムの地元は一面湯気 川原湯温泉(毎日新聞)
<日本マクドナルド>社員の「過労死」認定 東京地裁(毎日新聞)
殺人事件が戦後最少=刑法犯7年連続減-警察庁(時事通信)
替え玉殺人事件で尹被告、検察を批判 結審、28日に判決(産経新聞)
<訃報>前川誠郎さん89歳=元国立西洋美術館長、美術史家(毎日新聞)

<訃報>谷本守さん81歳=元鹿島専務(毎日新聞)

 谷本守さん81歳(たにもと・まもる=元鹿島専務)17日、胃がんのため死去。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻俊子(としこ)さん。

災害復興学会 防災研究者らが避難生活ガイド(毎日新聞)
<自民党>政策集団「のぞみ」発足 山本元金融担当相ら5人(毎日新聞)
大阪・富田林ひき逃げ 2審は実刑 大阪高裁(産経新聞)
新型インフル 輸入ワクチンを承認 大量在庫の懸念も (産経新聞)
痴漢 愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」(毎日新聞)
プロフィール

ミスターさかきはるやま

Author:ミスターさかきはるやま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。